カッティングステッカー

車両デザイン・施工・カーラッピングとは?

カーラッピングとは? 施工料金表 カラーサンプル メニュー カーラッピング施工について
納期について ガレージレンタル ギャラリー 注意事項とQ&A お問い合わせ・ご注文


カーラッピングとは?
車やガラス、看板等に貼れます
愛車のデザイン相談から施工までを一貫して対応させて頂いております。多種多様なラッピングを含め、2015年〜2018年の間でで200件以上の施工実績が御座います。メール等では絶対に伝えられない、実際に顔を向き合わせて打ち合わせしないとわからない事を話し合いましょう。デザインはその場で、パソコン画面で作りご覧頂けます。
代表の私も車好きです、車好きならではの世間話も交えつつ、楽しくご相談出来ればと思います。


車やガラス、看板等に貼れます
不明な点は何なりとお問い合わせ下さい。まだまだカーラッピングに関しては認知度が高くはなく、不明が点が多いのも事実だと思います。どうして?という疑問には全てお答え出来ますし、正直にお話させて頂きます。


車やガラス、看板等に貼れます
当店では単色ラッピングだけではなく、印刷によるフルグラフィックラッピングも制作可能です。最新の印刷マシンを導入し、アニメ・マンガの痛車等で培った経験を生かした、ご満足を追求するデザイン・制作・施工をお約束させて頂きます。    

右写真はハスラーのボンネットに、ブラックジーンズ柄+ジッパー+国旗というデザインをラッピングシートに印刷し、施工致しました。


車やガラス、看板等に貼れます
レプリカ制作も可能です。完全再現も可能ですし、お客様独自の発想でデザインを変えるという事も可能です。絶版で手に入らないデカールを再現したり、検索画面でしか確認出来ない車両を可能な限り再現する事も出来ます。

右写真はニューヨーク市警のデザインを独自にアレンジし、特殊な反射カラー:ブルーにて制作・施工させて頂きました。


豊富でなおかつ特殊なカラーを揃えています
車両のバランス等も当然考慮し、適切な施工をさせて頂きます。デザイン作成技術と貼り技術は日々進歩を続けており、私も毎日が勉強の日々です。よりご満足頂ける高い技術習得を目指しておりますが、まだまだわからない事も多く、不明な点はきちんとご説明させて頂きます。お客様に了承を得ない、適当な制作・施工は絶対にお受けしません。


デザイン・レイアウトもこだわります
車だけでなく、パーツ単体のラッピングも可能です。写真は「ドラッグウィング」です。「思ったより値が張る」となるケースもあり、コストパーフォーマンスに見合ないと判断させて頂いた場合はきちんとお伝え致します。



カーラッピングに対する認知度はまだまだ広がっておりませんが、今後少しずつ浸透していくと思います。
良くご質問頂く事は「金額が割高に感じる」「耐久性が不安」この2点が主になります。

金額に関しましては大きく分けて材料費と施工費用に分けられます、さらに細かく言いますと「フィルム材料費」「施工に使う各種消耗品」「施工道具(消耗品である)」「施工環境の構築」「施工技術の勉強に関して付随する業者向けサービスの享受」「施工までの細かな下準備と施工計画」「施工後のメンテナンス・ケア」等、様々です。

愛車は住宅の次に資産価値が高いと思います、大切なお車をお預かりしフィルム施工をさせて頂くというのはとても大変な事だと認識をしております。
その中で使用するフィルム材料の選別にミスがあったら大変な事になってしまいます。
世界は広く、カーラッピングが世界的に広まりを見せる中で様々なフィルム材料が開発され市場に出回っています。果たしてどれが適切なのか、それらを選別し十分なご説明とご提案をさせて頂く事が出来ます。

実はカーラッピングフィルムは、そのほとんどが海外からの輸入品となります。輸入費用、関税費用など、割高になってしまう原因の一つです。

もちろん原産国が違えば材料仕入れ価格も輸入価格も違ってきますので、フィルムによっては金額を抑えられる場合があります。食わず嫌いは損をします、もしかしたら良いかもしれません。ですが「良いかも」という可能性に賭けてまで大切な愛車を「良くないかもしれない」危険性に入れてしまうのはとても勇気がいると思います。
そういった辺りの可能性も含めてご相談させて頂く事は可能です。

耐久性に関しましては、これは一概に申し上げられない所です。
お車の使用状況、メンテナンス状況、洗車方法、フィルムメーカー、カラー、貼り方等の要因が絡み合った結果になるからです。
例えば北海道の場合、雪害は避けられません。マイナス気温下での影響は現状見られません。

退色はどうか?これは違いが出てきます。残念ながら塗装には叶いません、塗装の代替えとはなりにくいのですが、
厳密な条件によっては可能な場合もあります。

およそ3年程度と言われており、おおむねそれぐらいの期間で耐久性を確認しております。
当店では専用プリンターを導入してまして、そちらでお作りすると3年〜5年持つ事を確認しております。

そして最後に「貼る」という行為がいかに難しい事かというのをご認識して頂きにくい点です。
ちょっとしたステッカーを貼るだけでも緊張する、難しいというお話を良く耳にします。
それが大きな面積になった時、複雑な曲面や凹凸を含むと難易度は飛躍的に上がり、専門の知識と技術がないと、きちんと貼る事は不可能になります。

その辺りも当店では半プロ・半セルフ施工等、お客様に簡易的な技術をお教えして貼って頂くサービスもやらせて頂いております。

その他様々な問題がありますが、カーラッピングはとても楽しく、お客様のカーライフを間違いなく充実させてくれる素晴らしいものです。カーラッピングの裾野を広げるためには、1人でも多くその楽しさ、素晴らしさ、しかしその難しさも同時に体感して頂く事が重要だと考えております。

まずはお問い合わせください、出来るだけ詳しくご説明させて頂きます。

MAIN MENU

カッティングステッカー プリントステッカー 各種大判プリント カーラッピング 痛車・萌えグッズ バイナルグラフィック チームプレート アイロンステッカー マグネットステッカー クロームエンブレム 看板制作 思いつき企画

SUB MENU

PAGE TOP